「スーパーデモルーム」オープンのお知らせ

スーパーデモ

1
12:15 - 12:30
[ステージ H] IPI-01(01):

さよならBI 〜 一歩先ゆくデータ分析の決定版 SAS Visual Analytics まるごとデモ! (第1回/全4回)

セルフサービスBIの普及にともない、企業でのデータ活用がより活発化しています。本セッションでは、BIの先を行く、ビジネス アナリティクスツールSAS Visual Analyticsを使って、大量データをさまざまな角度から分析を行い、得られたインサイトを共有する一連の流れをデモでご覧いただきます。

2
12:30 - 12:45
[ステージ G] RI-01(01):

為替リスクヘッジの新しい取り組み (第1回/全2回)

取引通貨間の相関を活用することで、全体としての要ヘッジ額を圧縮し、今よりヘッジコストを大幅に削減できる可能性があります。また統計的手法を駆使することにより、ヘッジ後の将来PLのより精緻な予測を実現することも可能です。このような新たな取組みをご支援する弊社ソリューションをご紹介します。

3
12:45 - 13:00
[ステージ H] IPI-03(01):

コーディングなしでSASを使ってみよう! (第1回/全3回)

SASはコーディングが必須と誤解されている方もいらっしゃるようです。SAS Enterprise Guideを使えばコーディング不要でGUIを使って進めることができます。SAS Enterprise Guidedeでデータ加工、集計から分析まで分かりやすく、ご覧頂きます。

4
13:00 - 13:15
[ステージ G] IPI-01(02):

さよならBI 〜 一歩先ゆくデータ分析の決定版 SAS Visual Analytics まるごとデモ! (第2回/全4回)

セルフサービスBIの普及にともない、企業でのデータ活用がより活発化しています。本セッションでは、BIの先を行く、ビジネス アナリティクスツールSAS Visual Analyticsを使って、大量データをさまざまな角度から分析を行い、得られたインサイトを共有する一連の流れをデモでご覧いただきます。

5
13:15 - 13:30
[ステージ H] BD-01:

SAS言語派集まれ!SAS StudioからSAS Viyaを使ってみよう!

SAS言語でのコーディングや実行、結果表示、ログ確認、などを行うことができる標準のWebインターフェース、それがSAS Studioです。本デモセッションでは、SAS Studioのユーザーインタフェースを紹介した上で、SAS Studioを使用して、SAS Viyaの機能を活用するためのセッション生成、CASライブラリ作成、ライブラリへのデータロードからモデル作成、評価そしてスコアリングまでの一連の流れを実行する様をご覧いただきます。

6
13:30 - 13:45
[ステージ G] IoT-01:

需要管理(需要予測〜在庫最適化)のNext Generation

需要予測・在庫最適化を今よりも一歩進めるためのアプローチについて考え方を御紹介し、SAS Demand Driven Planning and Optimizationにおいて、それらがどのように実現されているかを御紹介いたします。

7
13:45 - 14:00
[ステージ H] IPI-03(02):

コーディングなしでSASを使ってみよう! (第2回/全3回)

SASはコーディングが必須と誤解されている方もいらっしゃるようです。SAS Enterprise Guideを使えばコーディング不要でGUIを使って進めることができます。SAS Enterprise Guidedeでデータ加工、集計から分析まで分かりやすく、ご覧頂きます。

8
14:00 - 14:15
[ステージ G] IPI-01(03):

さよならBI 〜 一歩先ゆくデータ分析の決定版 SAS Visual Analytics まるごとデモ! (第3回/全4回)

セルフサービスBIの普及にともない、企業でのデータ活用がより活発化しています。本セッションでは、BIの先を行く、ビジネス アナリティクスツールSAS Visual Analyticsを使って、大量データをさまざまな角度から分析を行い、得られたインサイトを共有する一連の流れをデモでご覧いただきます。

9
14:15 - 14:30
[ステージ H] RI-01(02):

為替リスクヘッジの新しい取り組み (第2回/全2回)

取引通貨間の相関を活用することで、全体としての要ヘッジ額を圧縮し、今よりヘッジコストを大幅に削減できる可能性があります。また統計的手法を駆使することにより、ヘッジ後の将来PLのより精緻な予測を実現することも可能です。このような新たな取組みをご支援する弊社ソリューションをご紹介します。

10
14:30 - 14:45
[ステージ G] SI-01:

「Know Your Employee/企業に内在する不正リスクを撲滅する 〜Visual Investigatorデモンストレーション」 /Visual Investigator 内部不正

企業に内在する不正リスクへの対応は、あらゆる業界に共通する緊喫の課題です。異常・不正検知プラットフォームであるSAS Visual Investigatorを活用して、どのようにこの課題を解決できるのかを、デモを交えてご紹介します。

11
14:45 - 15:00
[ステージ H] IoT-02-01:

ストリーミングデータでアナリティクス! その1

ストリーミングデータに高度な分析処理を実行するSAS Event Stream Processingが更にパワーアップ!本デモセッションにおいては、新機能として加わった分析手法についてユースケースを踏まえてご紹介します。

12
15:00 - 15:15
[ステージ G] IPI-02(01):

データ管理にお悩みの方必見! 15分で体感する 最新データマネジメント データ統合ソリューション SAS Data Management 徹底デモ! (第1回/全2回)

企業レベルでのデータ活用が加速している一方、活用するデータの品質・管理の観点での課題を抱えているケースも散見するようになりました。本セッションでは、企業が直面しているデータマネジメントにおける課題を解決する、データ統合ソリューションSAS Data Managementをデモを交えてご紹介します。

13
15:15 - 15:30
[ステージ H] IPI-03(03):

コーディングなしでSASを使ってみよう! (第3回/全3回)

SASはコーディングが必須と誤解されている方もいらっしゃるようです。SAS Enterprise Guideを使えばコーディング不要でGUIを使って進めることができます。SAS Enterprise Guidedeでデータ加工、集計から分析まで分かりやすく、ご覧頂きます。

14
15:30 - 15:45
[ステージ G] CI-01:

カスタマー・ジャーニーを極上のおもてなしへ 〜“デジタル”からお客様にベストなご提案を〜 (第1回/全2回)

SASのCustomer Intelligenceは 『高精度な顧客ニーズの予測』 『全チャネルのリアルタイムコントロール』 『デジタルマーケティングの実行』 など、マーケティングを自動化・高度化する上で欠かせない全ての機能をご提供します。クラウド型でご提供するデジタルマーケティングプラットフォームはデジタル広告、外部DMPとの連携も強化されており、デジタルとヒューマンチャネルの全てをつなぐカスタマー・ジャーニー施策を実現します。本デモセッションでは、Customer Intelligenceの機能をフル活用して実現されるビジネスシナリオの例をご覧いただきます。

15
16:00 - 16:15
[ステージ G] SI-02:

「金融犯罪対策高度化 〜Visual Investigatorデモンストレーション」 /Visual Investigator 金融

SAS Visual Investigatorは、発生する危険予兆(アラート)を優先順位付け(トリアージ)して、確証を見つけ、サイロ化したデータを統合して可視化し、知見や発見を集約することを可能とします。本デモンストレーションでは、SAS Visual Investigatorを使って、金融機関のトランザクション・データと地政学的事象や第三者機関情報を集約して可視化することで、金融機関に内在するリスクを発見し、調査するプロセスをご紹介いたします。

16
16:15 - 16:30
[ステージ H] IPI-01(04):

さよならBI 〜 一歩先ゆくデータ分析の決定版 SAS Visual Analytics まるごとデモ! (第4回/全4回)

セルフサービスBIの普及にともない、企業でのデータ活用がより活発化しています。本セッションでは、BIの先を行く、ビジネス アナリティクスツールSAS Visual Analyticsを使って、大量データをさまざまな角度から分析を行い、得られたインサイトを共有する一連の流れをデモでご覧いただきます。

17
16:30 - 16:45
[ステージ G] IoT-02-02:

ストリーミングデータでアナリティクス! その2

SASが提唱するアナリティクス・ライフサイクルで、リアルタイムのチャネルを担っているSAS Event Stream Processing!そのESPにアナリティクス・ライフサイクルをよりスムーズにまわすための新機能が拡充されました。本デモセッションにおいては新たに加わった新機能についてご紹介します。

18
16:45 - 17:00
[ステージ H] BD-02:

I am Multilingual 〜Python / Rで使うSAS Viya〜

SAS Viyaは新しいオープン・プラットフォームです。SAS ViyaではPythonやR、Lua、Javaという多様な言語を使ってプログラミングすることができます。本スーパーデモではJupyter NotebookやR StudioからPython、Rを使ってSAS Viyaを操作し、分析モデルを作成します。SASユーザのみなさまのみならず、SAS未経験、Pythonユーザ、Rユーザのみなさま、ぜひご覧ください。

19
17:00 - 17:15
[ステージ G] CI-01(02):

カスタマー・ジャーニーを極上のおもてなしへ 〜“デジタル”からお客様にベストなご提案を〜 (第2回/全2回)

SASのCustomer Intelligenceは 『高精度な顧客ニーズの予測』 『全チャネルのリアルタイムコントロール』 『デジタルマーケティングの実行』 など、マーケティングを自動化・高度化する上で欠かせない全ての機能をご提供します。クラウド型でご提供するデジタルマーケティングプラットフォームはデジタル広告、外部DMPとの連携も強化されており、デジタルとヒューマンチャネルの全てをつなぐカスタマー・ジャーニー施策を実現します。本デモセッションでは、Customer Intelligenceの機能をフル活用して実現されるビジネスシナリオの例をご覧いただきます。

20
17:15 - 17:30
[ステージ H] IPI-02(02):

データ管理にお悩みの方必見! 15分で体感する 最新データマネジメント データ統合ソリューション SAS Data Management 徹底デモ! (第2回/全2回)

企業レベルでのデータ活用が加速している一方、活用するデータの品質・管理の観点での課題を抱えているケースも散見するようになりました。本セッションでは、企業が直面しているデータマネジメントにおける課題を解決する、データ統合ソリューションSAS Data Managementをデモを交えてご紹介します。

スーパーデモルームで
「CodeSnaps」を体験!

制限時間内にゴールした先着100名様にSASオリジナルグッズを差し上げます。

教育と学習のための無料アプリ「CodeSnaps」

CodeSnapsは、SAS Curriculum Pathwaysの無料ツール、アプリの1つです。
米国で展開しているSAS Curriculum Pathwaysでは、1,600以上ものモバイル学習アプリを提供し、200万人以上の教師や学生が使用しています。CodeSnapsは、App StoreよりiPad用に提供されており、CodeSnapsのWebサイトでは、チュートリアルを閲覧することができます。