Experience Your New Possible

イベントレポートを公開! 新規登録でセッション資料をダウンロードできます。

SAS FORUM JAPAN 2017は、好評のうちに終了しました。ご来場、誠にありがとうございました。

未登録の方は、登録いただくことでご利用になれます。

Experience Your New Possible

イベントレポートを公開! 新規登録でセッション資料をダウンロードできます。

SAS FORUM JAPAN 2017は、好評のうちに終了しました。ご来場、誠にありがとうございました。

未登録の方は、登録いただくことでご利用になれます。


Experience Your New Possible 〜SAS FORUM JAPAN 2017レポート〜

すでに登録された方は、マイページから資料ダウンロード | 未登録の方は、こちらから新規登録の上、資料ダウンロード 各々ご利用ください。

 2016年5月23日、都内ホテルに1600人を超える来場者を集め、SASの年次イベント「SAS FORUM JAPAN 2017」が開催された。日本法人社長の堀田 徹哉は、開幕のあいさつで「イノベーションがアナリティクスを中心に起きている」と語った。「SASは創業以来、アナリティクスを中心にビジネスを展開してきました。今日ご来場いただいたお客様は過去最多。大きな期待を感じ、身の引き締まる思いです」。

今回のイベントで最大のトピックになったのは、「SAS® Viya」だ。SAS Viyaは、SAS最新のオープンなアナリティクス・プラットフォーム。すでに国内でもリリースされ、今年度後半から来年にかけて、ディープラーニングなどの大幅な機能拡張を予定している。

午後は、ランチセッションに続いて26のセッションが設けられた。内容は、SASの最新製品紹介や、SASユーザー企業による事例発表、パートナーとの連携ソリューションなど。来場者は興味のあるセッションを選んで聴講した。さらに、今年は初めての試みとして、「スーパーデモルーム」を設置。15分のデモを連続して20セッション実施し、多くの来場者がSASのアナリティクス機能を体感することができた。


「基調講演:Japan Keynote」の動画をご覧いただけます。

SAS FORUMの歩き方

SAS Forum Japanには、毎年様々な業種や役職の方々にご来場いただいております。より有意義な1日をお過ごしいただくために、本年度は「SAS Forum Japan 2017の歩き方」として、気になるキーワードから選べるセッション一覧もご用意しました。興味・関心のある「業種」や「トピックス」をクリックして、SAS Forum Japanお勧めセッションをご確認ください。

FinTechをはじめとした新たなテクノロジー、他業種の参入/協業、規制の高度化など変革の波が押し寄せてきています。

金融業界のリスク分野では、いよいよIFRS対応が本格化すると共に、広範囲にAIの適用を模索する動きが顕著です。

品質分野や設備保全の分野ではAI・IoTの適用が顕著であり、テクノロジーを用いたさらなる強化が求められています。

オムニチャネル化の浸透により、ライフスタイルやLTVなど「顧客」視点でビジネスを捉える必要性が高まっています。

第三次AIブームとも呼ばれるムーブメント。ディープラーニングの研究・進展は目覚しく加速しています。

最新データが集まっても、夜間バッチのステップを踏まなければ欲しいデータは手に入らない...そんな時代は終わりです。

幅広くデータを共有し、次世代のイノベーションを共同で探り出していく先進ビジネスモデルが脚光を浴びています。

SAS Viyaを活用したモバイルアプリケーション開発、画像認識によるAI・コグニティブコンピューティングの実例などをご紹介します。

ゼネラルセッション

【特別講演】

株式会社ブリヂストン

執行役員 チーフデジタルオフィサー 兼 デジタル
ソリューションセンター 担当

三枝 幸夫 氏

【基調講演:General Kaynote】

SAS Institute Inc.

エグゼクティブ・バイスプレジデント
チーフカスタマーオフィサー

フリッツ・リーマン

【基調講演:Japan Keynote】

SAS Institute Japan株式会社

代表取締役社長 兼 SAS Institute Inc.
日本・韓国 地域統括 バイスプレジデント

堀田 徹哉

SAS FORUM JAPAN 2017 開催

 ビッグデータがバズワードから、実務上必須の資産となった今、アナリティクスの高度化と適用領域の拡大が求められています。 今後、IoTソリューションの導入がさらに進展し、AIテクノロジーの適用が加速することで、定量データのみならず、現実世界をより忠実かつリアルタイムにデジタル化できるようになります。デジタル化されたデータと、過去の知見、経験、学習を基にしたアナリティクスとを組み合わせることで、「より良い洞察」を導くことができ、ビジネスにおける「より良い意思決定とアクション」に繋げることが可能となります。
今年度のSAS Forum Japanでは「Experience Your New PossibleTM」をテーマに、お客様一人ひとりの新たな可能性を模索する、アナリティクス活用のニュー・フロンティアを、最新の活用企業事例を豊富にご用意し、ご紹介してまいります。

開催概要

開催日時

2017年5月23日(火) 10:00-18:00

会場

グランドハイアット東京 [会場アクセス]

開催内容

基調講演、ブレイクアウトセッション、展示

参加費

無料(事前登録制)

主催

SAS Institute Japan 株式会社

協賛

※スポンサーカテゴリに応じた法人格を除く社名五十音順(2017年4月3日現在)

スポンサー

ロゴスポンサー