セッション詳細

ID
SF-404
13:15 - 14:00
  • Viya トラック
  • AI
  • Viya

SAS Viyaを用いた電力の需要と供給予測に関する考察

  • 株式会社テプコシステムズ
    システム企画室
    デジタライゼーション推進部
    デジタライゼーション推進グループ
    マネージャー
    大友 翔一 氏

現在、東京電力ではデジタライゼーションを課題の一つととらえ、経営課題の解決にデータを利用する取り組みを行っている。
今回は、その中から電力の需給に関する予測を事例として取り上げる。
電力需要は、消費者の様々なニーズや、気象状況や気温などの自然現象をはじめとする様々な要因に影響されるため、常にランダムに変化する。
そのため、効果的な電力需要の予測を行うためには、機械学習的なアプローチが有効であると思われる。そこで、本発表ではSAS Viyaを用いて予測モデルの作成を行った事例に関して報告する。