「SAS FORUM JAPAN 2017」の歩き方

AI・機械学習

近年、IT業界にとどまらず、多くの業界にて再びAI (Artificial Intelligence)が脚光を浴びています。 第三次AIブームとも呼べるこのムーブメントは、ディープラーニング(深層学習)の研究の進展が加速しているとも言われております。 SASでは長年におけるアナリティクスや機械学習のソリューションを通じ、多くの先進的な企業とともにAIが拓く未来の可能性を追求しています。

今年度のSAS Forumでは、SASの新しいオープンプラットフォームViyaの紹介にとどまらず、既に実務にAIのテクノロジーを導入している最先端企業の事例と合わせ、これからの実務にAIをどう活かしていくかを探っていきます。 AIに関連するセッションはこちら、一日を通じて多くのAIの世界に触れてください。

お勧めセッション

13:10 - 13:55
  SF-303:

What's SAS Viya: POCで終わらせない、AI活用のための『コグニティブ技術 x オープン』プラットフォームとは。

SAS Institute Japan 株式会社

  SF-306:

AIモデルマネジメントによる次世代IoT基盤への提言

アビームコンサルティング株式会社

14:10 - 14:55
  SF-401:

アビームとSASによるAI時代のリアルタイム×顧客アプローチ革新

アビームコンサルティング株式会社 / SAS Institute Japan 株式会社

  SF-403:

SAS Viyaプラットフォームが、デロイトアナリティクスの監査・アドバイザリー業務の生産性を向上

有限責任監査法人トーマツ

  SF-404:

金融機関におけるAI活用とリスク管理 〜モデル高度化から業務変革まで

SAS Institute Japan 株式会社

  SF-406:

センシング周辺技術およびセンサーデータを活用した店舗の将来像

株式会社ATR-Promotions / SAS Institute Japan 株式会社

14:55 - 15:15

休憩

15:15 - 16:00
  SF-501:

AI技術活用で実現する不正対策業務高度化・効率化の視点 ~機械学習による異常検知から画像認識まで

SAS Institute Japan 株式会社

  SF-503:

ディープラーニングでビジネスデータを分析してみたら意外と凄かった

SAS Institute Japan 株式会社

  SF-504:

ヘルスケア、ライフサイエンスにおけるAI・IoTの活用- コネクテッド・ピープルとデバイスによる機会と挑戦

SAS Institute Inc.

  SF-506:

ここまで来た!SASのオンライン機械学習

SAS Institute Japan 株式会社

16:15 - 17:00
  SF-601:

大和証券AI推進室が取り組む、リテール・マーケティング高度化と提案力強化

大和証券株式会社 / 株式会社大和総研

16:15 - 17:00
  SF-603:

REST APIで実現するモバイル・レコメンドアプリを作ってみた 〜訪日外国人観光客の行動と嗜好を予測する

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

  SF-605:

医薬品開発におけるSASの活用事例

ナニワデータサイエンス研究会 / 武田薬品工業株式会社 / 塩野義製薬株式会社

17:15 - 18:00
  SF-703:

SAS Viyaディープダイブ
① Pythonで操るSAS Viyaの画像処理技術入門編〜フィルタリングからマッチングまで〜
②SAS® Viyaで異常検知してみよう 〜教師無し機械学習の手法とテクニック〜

SAS Institute Japan 株式会社